Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り言

今週末にプースケのトライアルが決まった。
希望者が数名居たピーチがまだ決まらず、
お問い合わせが1件もなかったプースケが先に決まるなんて、
縁とタイミングってホント面白い。

今月から私がフルタイム勤務に戻ったので、
留守番時間が長くなった我が家。
ピーチを1匹で過ごさせるのは可哀想で、
(ピーチはポルコが大好きだけど、2匹にしておくのは不安なので・・)
次の預かりを考えているが、どの子を預かろうか悩む・・・( ̄、 ̄;)ゞ

犬親さんが決まるまで、
決まらなかったら終生を我が家で過ごすであろう子。
センターレポートを見るたびに心が痛み、
気ばかり焦って、なかなか預かる子が決められない。
ずっと家に居るなら、片手ほども預かれるだろうに、
残業ばかりの今の現状では、3匹ほどが限界だろう。

猫が2桁いるから、ハンターの資質大の犬は危険だし、
ちょっぴり面倒くさい性格のポルコがいるから、
犬同士の相性を気にしなくてはならない成犬、
気性が激しい成犬の預かりは難しい。


7320088_2042090418_204large.jpg


できれば長くセンターに居る子を出してあげたい・・・。
それが偽らざる本音。
でも、我が家の事情を考えたらお互いに不幸になることもある。
子犬を預かったときでさえ、不安定になったポルコ。
そして日増しにパワーアップする子犬達に、
老猫達がどんなにストレスを感じているかと思うと、
可哀想というだけで事を進めてはいけない、、と自分に言い聞かせている。

芝系の子を預かる人、
ハウンドドッグ系を預かる人、
障害を持った子を預かる人、
飼い犬との相性を考えて、子犬かメス犬しか預かれない人、
それぞれの事情があって、預かる犬を決めるのだと思う。

高齢犬や障害犬の預かりを決める方々のお心の内はいかばかりだろうか。
もし、犬親さんが決まらなかったらわが子に、と思うのだろう。
まれに届く訃報の中に、預かりっこの訃報がある。


【家族になった日】 20××年4月××日
【おうち】 預かり宅の子になりました



ちばわんの預かりさんに見初められた子は幸せだと思う。
悲しいお知らせなのに、ほっと心が和んだりもする・・・。

痩せっぽちだったり、
皮膚の状態が悪かったりで、早く治療してあげたかったり、
人慣れがいまいちで、早く家庭生活をさせたあげたかったり、
色々思うことはあるけれど・・・。
ワンちゃんを指名で預かっている方は、どんな思いでその子にするのかな。
折々伺ってみたいと思っている。
差しあたってピーチの相棒、決めなくちゃ。( ̄、 ̄*)


f0078320_19324059.jpg


画像は、1月にセンターを訪問したときのもの。
ワタシに齧りついているいるなっちゃんは、先日やっとセンターを卒業できた。
今は優しい仮母さんのもとで、本当の家族との出会いを待っている。
こんな可愛い子達に、1日も早く良いご縁があるように願ってやみません。
 
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

はぁ~( ̄∀ ̄*) ボルコ♡ すみません・・・つい。笑

私、とある方を知り、ちばわんさんの存在を知り、預かりさんたちのブログを見るようになりました。
そんな中で、こちらにもお邪魔させて頂くようになったのです。
ちばわんさんを知って、私の考え方を見直したりもしましたし、預かりさんたちのブログを見て、たーーーーーくさん反省もしています。
センターレポートを見て、すっごく気になる子がいて・・・でも北陸在住の私には、手を挙げる事も出来ないし。
じゃあ何が出来る?って考えられるようになった時に、子猫を保護しました。その子は、ちゃんと里親さんに出会い、今も幸せに暮らしています。
その後も数匹の子猫や成猫と出会ってしまい(笑)、うち2匹は我が家の子になりましたが、他の子も里親さんと出会えています。
ちばわんさんや、預かりさんの活動を知り得なければ、保護は勿論、里親を探す事などしていなかったと思います。ましてや、猫を自分の子にするなんて、有り得なかったです。
自分の出来る事やキャパを判断するのは、簡単なようでいて難しいと思います。
YUKAさんの考え方、私はステキだと思いますよ~!!
わからない事だったり、人に聞く姿勢を持った人、私は尊敬します(`_´)ゝ

ちなみに・・・今回のセンターレポートの譲渡室NOⅠの男の子が、前から気になっています。行き先がわかったら、教えて頂けると嬉しいです。
  • posted by リトル 
  • URL 
  • 2014.04/25 10:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは!
篠崎いぬ親会で同じテントでご一緒させて頂いたアクセル預かりです。

我が家は、指名預かりです。
なんせ、気難しいシニアさんがいるので・・
レポートを拝読しこの子なら大丈夫かしら?と思い指名させて頂いております。
・・・が、シニア様は、ちばわんから3頭預かり うち2頭とバトルいたしました(汗

以前、他団体様のお預かりをさせて頂いた時に先代おっとりシニアは、やんちゃな預かりっ子に頭を噛まれ床に何度も打ち付けられて ストレスから膀胱炎を起こしてしまい 治療しても治らず・・・
その団体の代表様が見かねて移動をして丸く収まりました。

おっしゃるように先住との相性は重要ですね。
でないと、両方が不幸になってしまいます。

現在のシニアさんは、チビだけど気が強く多頭飼いのお宅から譲り受けた子なので やられたら倍返しの性格でストレスの病気はありませんが
やはり若くないので人間が気を使わなければと思いました。

ポルコさんチョー可愛いですね。
シェパは可愛くて賢いので、すっごく大好きな犬種です。

可哀想が先走り、共倒れしたお家にレスキューに入ったこともあります。
ですので、ムリをせず続ける事が重要だと思います。
・・・なんて、生意気言ってすみません(汗

我が家の先住シニアから
「騒々しくてたまらないわよっ!」って声が聞こえそうです(アハハ

フルタイム大変ですね。
ピーチちゃんに良いご縁がありますように★
  • posted by lemowan 
  • URL 
  • 2014.04/28 01:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

リトルさん、こんにちは。

「できることって何?」と考えるところから、ボランティアってスタートすると思います。
犬は預かれないけど、譲渡会の準備なら出来る人、
フードやシーツの支援をする人、
お手伝いの方のために美味しい差し入れをする人、
その形は本当に様々ですが、ワンニャンを思う気持ちは同じだと感じています。

猫を拾って届けてくる人、我が家では後を経ちません。
最近でこそ、「1匹引き受けると、これだけ手間暇・お金がかかります。」
と説明し続けた成果なのか、
フードや幾ばくかのお金をカンパくださる方が増えましたが、
ボランティアだからやるのが当然!と思っている人もまだまだ多く悲しくなります。
1人でも多く、リトルさんのように考えてくれる人が増えるよう、
啓蒙活動も大切だな、と改めて思っています。
一人で救える数は少なくても、それが100人、200人となれば、
何百匹という犬猫が助けられますから・・・ちばわんさんそのもの。(笑)

以前、手伝っていた山梨の団体から手を引いたのは、
キャパ越えによる杜撰な管理について行けなったためです。
お金がなくてギリギリまで病院に連れて行かなかったり、
人手がなくて3mを越す大雪の中、犬は外に繋ぎっぱなしだったり・・・
その団体に保護されなかたら消えていた命ですけれど、
助かったとはいえ、そんな生活って・・・生きてさえいればいいの?と
自問自答の日々で・・・。
キャパ越えはお互いが不幸になりますね。
自分が無理するのはいいけれど、ものを言わない先住犬や猫が、
それで不幸になったら、それこそ本末転倒です。
そのヘンをよく見極めながら、細く長く活動を続けていきたいと思っています。
私の場合、わからなくなると直ぐに人に頼っちゃうのがナンですが、
「そこ、ヘンだよ。」など、遠慮なくご意見してくださいね。^^

譲渡室NOⅠの男の子・・・・・・どの子だろ???
今回のレポに出ていますよね?
以前のレポも見てます。
  • posted by yuka 
  • URL 
  • 2014.04/29 15:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

lemowanさん、こちらでははじめまして!

前回、はじめてセンター赴き、(副代表・ひなのんさんと初対面)
そのときは状態のよくないシャイな3兄弟を引き受けるつもりで行ったのですが、
想定内(笑)のおまけちゃんず3匹も連れて帰りました。
仕事でセンターに行くことができなくなり、
皆さん、どのように預かりの子を決めているのだろう?と、
同じテントのエレカノさんに伺ったところ、
「子犬3匹って副代表に伝えたら、この子達が来た。」とのこと。
なので、今回は、「ピーチと遊べる同じような月齢の子」とお願いしました。
出所待ち(と娘が言います。苦笑)の子が余りに多く、
どの子にも目がいっちゃって、私が全然選べないので、
今回はそんな感じでリクエスト・・・どんな子が来るのかドキドキです。
(そういう意味では、こういうリクエストもいいかな、と。)

ウチのシェパは、10年以上手伝ってきた横浜の団体から来ました。
「もう期限がない秋田を2匹出したいんだけど、どうしてもキャパがない。
ちょっとめんどうくさいヤツだけど、飼わない?」と代表に言われましたが、
ちょっとどころじゃないです、かなり面倒なヤツで。^^;
賢いところはしっかり賢いのですが、
とんでもないとこが多々・・・それが面倒くさいと言われた所以らしいですけど。

今までチビが6匹いましたが、そのうち2匹(ムサシ、プー)とはダメで、
油断すると本気でやりにかかるので、こちらもピリピリしていました。
シェパも我が家に来てやっと1年、
いまだに「こういう子がダメ」という明確な基準が見えず、
事故に繋がらないよう、原因をできるだけ排除したいところです。
もともと他の成犬と一緒に暮らしていたのですから、
仲良くなれないってことはないと思うのですが、
どんなふうに慣らしたらいいのか、私のほうが勉強不足なので、
その辺りも、定例会参加の折に、ベテランの方々のお話を伺いたいものです。

しかし、先住ワンさんがストレスで膀胱炎ですか。
繊細な子は飼い主さんが気を使ってあげないといけませんね。
ウチの場合、心配なのはウチの犬より預かりっ子の方で・・・。
なんせ2歳の大型犬、すごいパワーですので、
本気になったらちょっとした怪我では済みません。
最初に会わせるときは、マニュアル通りにやっていますが、
シェパの顔色(ロックオンしていないか)を見ながら、max緊張します。^^;

可哀想が先走りレスキュー・・・私も個人ボラさんで二人知っています。
先日お手伝いを断念した団体も、13年の付き合いでしたが、
「何かあったらお願いね!」なんて言われまして・・・。
二人で猫150匹、犬20匹って、いくら休日はボラさんが手伝いに来るからって、
手も目も行き届く範囲を超えているんじゃないか、と思ってしまい・・・(汗
選択するということは、自分が命の綱を握っているようなもので、
自分がNOといったら消えてしまう命を見過ごせない心情も痛いほどわかり、
それゆえずっと手伝ってきました。
が、キャパ越えの子達が弱い順から命を落としていく現実に、
やっぱり自分が長く続けられるスタンスでやっていきたいと思って、
ちばわんさんのメンバーに仲間入りさせていただきました。

まだまだ新米でわからないことばかりです。
預かりより大変な事務手続きにヒーコラな日々・・・(汗
アクセルちゃんもピーチも性格は◎なので、
きっと良いご縁に巡り会えると信じています。
これからもよろしくお願いします。(*^^*)
  • posted by yuka 
  • URL 
  • 2014.04/29 15:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。