Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種別を越えた愛

 
「ブログのprofile画像に写っているのは何ですか?」
と、尋ねられたことがあるので、今日はそのお話です。

257640644_244.jpg

娘が中学生のとき・・・もう15年ほど前のことになります。
今にも雪が降りそうな寒い日、娘が1匹の猫を抱えて帰宅しました。
「お母さん、クリーニングに出せばコートの汚れ、落ちるよね。」
初めて袖を通した真っ白なコートに包んで来たのは、
骨と皮ばかりに痩せた、それはそれは汚い猫でした。

ガリガリの猫は食べるとき以外は、ずーーーーっと寝てばかり。
ある日、娘から着信があり、
「大変! ルミネ(拾って来た猫)が赤ちゃん、産んじゃった!」



( ▽|||) うそでしょ・・・



だって我が家のオス猫は全匹去勢済み、妊娠なんてありえない
冷静になってカウントしてみると、その日はルミネを保護して54日目。
ということは、あのボロボロの状態で妊娠しちゃったってこと???
(妊娠しちゃったときは、まだボロじゃなかったのかもしれませんが・・)

母体の神秘というか、本能というか、
ボロボロであるが故に子孫を残そうとするDNAが強まるのか、
ルミネは2匹の子猫を出産(1匹は死産)しました。

そんなとき、今度は息子が「龍馬(りょーま)が脱走した!!」と大騒ぎ。
その龍馬っていうのが、画像のハムスターです。
猫がウジャウジャいるリビングに逃げ込み、
子猫と一緒にちゃっかり暖を取っているハムスターって・・・( ̄_ ̄ i)

穏やかで優しいルミネは、その後、素敵なご縁に恵まれましたが、
昨年、オーストラリアで虹の橋を渡りました。
http://www.tamentaico.com/cat/intro_kemeko.html

一緒に写っている茶白の猫は、これまた優しい猫でして、
いたずらモノのフェレット(迷子で我が家に届けられた。)もミツ君にベッタリ

257640644_30.jpg

種別を越えた動物の間にも、愛ってあるんですね。
次回は「種別を越えた愛 PartⅡ」です!

予告するほどのモンじゃないですけど。(;´▽`A``
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。