Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分離不安症

前回、古くからのつきあいのAHRからMダックスを預かったとき、
はじめて分離不安症↓という言葉を知りました。
http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/201410290000/


一言で言えば、かまって欲しい病?


病と言うには大げさですが、心のトラウマは犬や猫にもあります。
センターに収容されている子の中には、
頭を撫でようとすると、ギュッと目をつぶり縮こまる子がいます。
打たれたことを覚えているのでしょう。

一度植えつけられたトラウマを消し去るには、
惜しみない愛情と少しばかり長い時間がかかります。


我が家の勘助は、手紙付で玄関前に置き去りにされた猫です。

「元は飼い猫だったから、人に甘える猫だったけど、
棒で叩かれたり、水をかけらたりして、すっかり人間不信になった、
捕まえて保健所に持ち込む話が持ち上がり、
自分はどうすることもできない。」と、手紙には書かれていました。


我が家に来た当時の勘助、険しい顔をしています。
7320088_39876502_1large.jpg


最初は気性が荒く、エイズが陽性だったので隔離していました。
温和な猫と一緒にし、(エイズは一緒にしただけでは感染しません。)
その後、私が在宅している時に皆と会わせて少しずつ慣らしました。


最近のホンワカ勘助です。
7320088_2029174919_81large.jpg


毎日一言でも声をかけ、背中をポンポンし、
いつの間にか穏やかで、仔猫にも優しい猫になりました。
年のせいで丸くなったのかもしれませんけど。(笑)


前回預かったダックスのマロンも分離不安症だと聞いていましたが、
娘の夫君の勤務する病院の看護士さん宅では
全くそんな様子もなく生活しているそうです。
落ち着いた生活をすれば、不安にはならないのでしょうね。


庭に繋ぎっぱなしで飼われていたランランは落ち着きがなく、
常に誰かにくっついていたがります。 
ひとりで過ごす寂しさを知っているから、ひとりになりたくないの?
庭にポツンと繋がれている様子を想像するだけで、切なくなります

外に出された理由は、トイレを覚えないから。
確かにランラン、トイレの失敗が多いです。
不安げな様子を見るに、まだ落ち着かないのだな、と感じています。
大型犬に部屋でされちゃったら洪水になりますが、
ちっちゃなダックスのシッコなんか可愛いモンです。(笑)

今のランランに怒って躾けるのは逆効果、
ますます落ち着かなくなりそうです。
心が安定してきたら、ちゃんとできるようになるよね。


7320088_2164029573_164ge.jpg



道のりは長いかも・・・です。 ~(=^‥^A


明日は避妊手術のために娘夫婦がランランを迎えに来くれます。
病院に前泊では鳴きっぱなしになりそうなので、
娘宅に泊めてもらえるよう、オムツ↓でも買おうかしら。(;´▽`A``
http://bistari123.blog.fc2.com/blog-entry-22.html

無理やりしつけるのではなく、
人間の工夫次第でどうにかなること、たくさんありますね。(*^_^*)
   
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。