Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護犬の年齢

保護犬や保護猫の年齢・・・・本当のところはです。
けれど、募集をする手前、あくまで「推定」で年齢を記載します。

おおよそは、歯の状態で推測することが多いのですが、
犬の場合はともかく、猫の場合は全くアテにならないかもという事例に、
少なからず直面しています。

猫は口腔内のトラブルが犬より多く、
口内炎・歯肉炎を起こしている子が少なくありません。
我が家に居残った子の多くが、この口内トラブルで、
5歳にもならないのに、犬歯以外は抜歯になってしまった子が何匹もいます。

口内トラブルの子は、口が痛いのでグルーミングもできず、
毛もボサボサ、口を引っ掻くので手先の毛も変色し、
まだ若いのに、かなりの高齢?という容貌になってしまいます。

犬は、子犬のうちから一緒に暮らした子が少ないので、
そこまで差を感じたことはありませんが、
それでも同じ犬種で、かなりのバラつきがあり、小型犬に限っては、
サイズが大きめの子の方が歯が丈夫でした。(我が家の場合です


アニーもサンディも推定年齢は、3~5歳と幅持たせましたが、
同じフィラリア陽性でも、アニーは歩様も力強く、若い方寄り?
サンディは、心不全になるくらいだし、まったりしてるから、年取ってる寄り??
生活する時間が長くなると、動作や雰囲気で年齢を感じることもありますが、
性格もあるでしょうし、本当に一概には決められません

いぬ親さん、ねこ親さんの中には、
「お誕生日、いつくらいなんでしょうね?」と尋ねられる方がいらっしゃいます。
その多くが、「これからはお誕生日をお祝いしてあげたい・・」という、
思いやりの気持ちから・・・・嬉しいですね。(*´∇`*)


しかし・・・
歯で年齢を推定されるとしたら、↓はどーなるんでしょ。( ̄ω ̄;)
7320088_2158088337_173large.jpg   ポルコの歯


噛むから歯を切ったわけではありません。
サッカーボールを数え切れないくらい破壊し、
コレクションの石を集め続けた結果です
北海道では、畑の石を拾って投げていたら、
それを横っ飛びにダイビングキャッチ・・・歯が割れたことあったし

娘がときどき歯磨きをしてくれるのでピカピカですが、
あちこち欠けたり、短くなったり
放浪したら何歳と判断されるやら。~(=^‥^A
     
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。