Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やることは一通りやった・・・。

土曜日にサンディの再診&今後のことを相談するために
戸ケ崎の獣医さんに行って来ました。
先週末のいぬ親会にいらしてくださり、
サンディが心不全の薬を飲み始めたことを承知の上で
お問い合わせをくださった希望者さまに
現状と今後のケアについて、できるだけ的確にお伝えしたかったからです。

7320088_2155739862_239large.jpg
「果報は寝て待て!」 実践中。~(=^‥^A


担当医が緊急手術の執刀のため、お話は伺えませんでしたが、
翌日にお電話をいただき、「ウチでしたら・・・」との所見を伺い、
現在の症状と共に文章にまとめ、昨夜、希望者さまに送信しました。
(アニーの勝手に抜糸事件でヨレヨレだったので、文章もそれなり・・苦笑)


アニーもまた、同じくいぬ親会でお声をかけてくださった方より、
愛犬のお友達に、と嬉しいお申し出をいただきました。
そのときは、腫瘍の病理検査の結果待ちで、
普段「なるようにしかならん!」なんて言っているワタシも落ち着かず・・
昨夜、先に届いた書簡で良性腫瘍と知り、本当に嬉しかったです。

7320088_2157282253_98large.jpg



いぬ親さんの中には、悪性腫瘍をかかえた子と知りながらも
そういう子だからこそ最期は幸せに、と迎えてくださる方もいらっしゃいます。

決して幸せではなかっただろう生活をしてきた子達・・・。
フィラリアが陽性だったり、
ブラシが通らないほど毛が絡まっていたり、
歩くのに支障が出るほど爪が伸びきっていたり・・・。
虐待を思わせる傷を負った子が、人を見て怯える姿に心が痛み、
逆に、それでも人を慕う姿に涙することも少なくありません。

そんな子達も、預りさん宅で心身共にケアをしてもらい、
見違えるように元気になって募集をスタートするのですが、
色々な意味で、「全てが完璧」というわけにもいかず、
引き続き、いぬ親さん宅でケアをしていただくことの方が多いのも事実です。
手間がかかる子もいれば、医療費がかかる子もいます。
本当にありがたいことだと思っています。

保護犬を迎えるということは、
そのこと自体が「ボランティア」だと思っています。
ビビリっ子を迎えた方が、「今日はコレができた。明日は何ができるかな?」
フィラリア陽性の子を迎えた方が、「陰転しました!」
そんなご報告をいただくたびに、顔がほころんでしまいます。
行き場のない子に目を向けてくださるような方だからこそ、
そんなささやかなことに喜びを感じてくださるのでしょうね。


アニーもサンディも、少しばかりハードルが高くなってしまいましたが、
それを補うことができる、とても可愛らしい性格も持ち主です。
これから10年ほどの長きに渡って一緒に暮らしていくのですから、
「手もお金もかかったけど、この子に出会えてよかった。」
これからワンを迎える方には、
そんなステキな出会いを見つけていただけたら、と思っています。

アニー、サンディ、
赤い糸が見つからなかったら、ずーーっと居ていいからね


7320088_2157282270_128large.jpg
7320088914118_58large.jpg



・・・だそうですので、
皆さま、よろしくお願い致します。(;´Д`A ```

  
スポンサーサイト

Comment

良かったです! 

アニーちゃん、まずは乳腺腫瘍が良性だったとのこと、おめでとうございます!!
本当に良かったです!
しばらくブログを拝見できず、アニーちゃんたら三回も自己抜糸してたなんて(笑)びっくりしました!
痛いし気になって仕方なかったんでしょうねぇ。
でも、フィラリアの件といい、乳腺腫瘍といい、アニーちゃんは本当によく頑張ってくれましたね。しんどかっただろうに本当に頑張ってくれて嬉しいです。
yukaさんもお疲れさまです。
また、いぬ親会でお会いできたらたくさんお話してくださいね。楽しみにしています!
サンディちゃんにも素敵なご縁がみつかりそうですね。そちらもとっても楽しみにしています!
  • posted by ぐーちゃんママ 
  • URL 
  • 2015.05/28 00:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 良かったです! 

> ぐーちゃんママさん

いつもあたたかなコメントをありがとうございます。
ワタシも他のメンバーの預りワンのことが気になりつつも、
自分のブログを書くのが精一杯で、ご無沙汰続きです。
どなたがどの子を引き出したのか、毎回いぬ親会で知るくらいですから。^^;

センターで募集を出している子の殆どがフィラリア陽性ですので、
今後も同じようなことがありかもしれません。
そういう意味でも、今回の件はとても勉強になりましたし、
今後に活かせることではないかと感じています。
掛かりつけでもなく、困ったときに行くだけなのに、
埼玉の獣医さんが「またいつでもいらしてください。」と
言ってくださったことが本当にありがたかったです。

来月のいぬ親会は、預りの子次第かな。
アニーとサンディが第二の週末にトライアルに出ますので、
その後の火曜日に迎えるとして、ギリギリ間に合うかしら。
もし参加できたら、またお声がけくださいね。
ワタシ、ぼんやりで気づかないことが多いので。(;´▽`A``
  • posted by yuka 
  • URL 
  • 2015.05/30 23:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。