Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアル期間中の質疑応答

週末、りんちゃんとちびたが相次いで卒業し、
預かりをスタートして以来はじめて預かりっ子のいない朝を迎えました。


こんなにもやることがないの?
・・・が、正直な感想。~(=^‥^A


こういうときこそ身体を休め、
ゆっくり睡眠を取ればいいのに、
身体を動かしていないと手持ち無沙汰だなんて、
根っからの貧乏性なんだなーと思います。

現在、トライアルに出ている子は5匹。
トライアル中には、いぬ親さんからの相談事が相次ぎ、
最初の一週間は、メールの応酬となることもあります。
特にご相談されることが多いことを挙げてみます。


◆排泄

慣れない環境で、粗相をしたり、我慢してしまったりする子が多いです。
動物は、トイレの体勢のときが一番無防備になるらしく、
山でも、登山道にクマやシカの糞が多いのは、
見通しのよいところで用を足すことによって、
何かあったら真っ先に逃げられるように、なのだそうです。

それが理由なのかはわかりませんが、
犬も慣れていないところでは、人が見ていると落ち着いて用を足せないようです。
成犬になれば、1日2回という子もいるのですから、
おしっこをしないからと心配せず、のんびり構えていてください。
(まるっきり出ないというのは問題ですので適宜に、ですね。)

トイレを失敗するときは、やってしまう場所にシーツを敷きます。
最初は何箇所にも敷き、徐々にシーツを減らしていきます。
子犬の場合、食べたらする子が多いので、
食事をさせる場所の近くに用意してやってください。
成功したらほめてやってくださいね。(=´▽`=)

お腹が緩くなる子もいます。
フードが変わったという理由のときもありますが、
やっぱり犬にもストレスってあるのではないでしょうか。
多少の軟便でしたら、ビオフェルミンをフードにパラパラしてあげてみてください。


◆誤飲・誤食

センターに収容されるような子の多くは、
食うや食わずで生きてきた経験をしたことが多く、(痩せている子が多い)
食べ物に対する執着がトラウマになっています。

預かり宅に来た当初は、早く食べたい気持ちが先走りして、
ボールのフードの大半をその勢いで場外させてしまうほど、
ガツガツしている子が多く、ワタシはその姿に涙してしまったこともあります。

なので、お散歩中に拾い喰いをしてしまったり、
キッチンのゴミを荒らしてしまうこともあります。
ダメ!と叱るのではなく、誤飲・誤食をさせないよう、
飼い主が先手を打って、やらせないようにして欲しいと思います。
生活に馴染み、いつでも美味しいものが食べられるということを理解すれば、
徐々に減っていくはずです。
(ロンは・・・・減っていかないかもね。根っからの食いしん坊だから。^^;)


◆イタズラ

我が家は留守番が長いので、多少の!イタズラは大目にみています。
だって退屈だよね、猫は遊んでくれないし。(;´▽`A``

絶対にイタズラされたら困るものは、そこらには置きません。
「やられた方が悪い。」
・・・は、我が家の鉄則です。

「やってはいけないこと」を理解していない子達ですから、怒っても仕方ないのです。
まずは信頼関係を築き、しつけはそれから。
一緒に生活していくうちに、どの子も「これをやったら怒られる」ということを
少しずつ理解していきます。 その証拠に、
「あれーーーっ、これ、誰やったの?」の一声で、テーブルの下に避難します。(笑)

お子さんを育てた方なら、よーくご存知かもしれませんが、
ある年齢まできたら、イタズラもぴたりと止みます。
あ、たまには例外↓もいます。(; ̄ー ̄A

7320088_2055913664_p.jpg


保護犬は、過去がわかりません。
預かって数ヶ月経って、「ああ、こんなこともあるのか・・・」と思うこともあり、
それが負の要因だったりすると、そういうトラウマがあったのかな、と思うのです。

預かりをして数ヶ月で新しいお家に行かせてしまうので、
仮宿では見せなかった姿を見せることがあるかもしれません。
どうか、あたたかく見守ってやってください。
そして、1つ1つを一緒に乗り越えて、強い絆を結んでください。


いつかきっと・・・・笑い話になりますように。

ワタシのトライアル体験記です。↓
http://bistari123.blog.fc2.com/blog-entry-198.html
    
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。