Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママニャンと小さな命と

お腹が膨れると(妊娠すると)不定期に出没、
子育てが終了すると来なくなる・・・をリピートすること数年。
そんなママニャン、遂に御用となりました

7320088_2143902084_178large.jpg

つやつやの毛並みで可愛いタヌキ顔のママニャン。
会えるのは妊娠末期の数日と、
出産後の食べても食べても栄養が足りないときだけ。
だから、我が家での呼び名はママニャン。
ノラネコにしては慣れているし、外飼いにされている飼い猫?

7320088_2143902098_111large.jpg


撫でることはできるけど、抱っこするには至らず、
そうこうしているうちに何度か妊娠、
どこで出産しているのか仔猫すら見たことがないのです。
たまにしか来ないから、捕獲器にはウチにご飯を食べに来る猫が入っちゃうし、
(しかも同じ猫が何度も)捕獲もままならず

子育てを終えた頃に捕まえようと身構えると、ぷっつり姿を消し、
忘れた頃に腹ボテで現れ、それ以外は、近所で姿を見たこともないのです。
そのママニャン、数ヶ月ぶりに出現・・・やっぱりまた妊娠していました

保護部屋も空いているし、
飼い主がいたとしても避妊もしないんじゃ拉致しちゃおう。
すわ捕獲!・・・と、捕獲器を用意していると・・・。


「捕まえたよー。」


娘、素手で捕獲。(っていうか、抱っこしてるし。)
落ち着いたらゴロゴロゴロゴロ、ずっと喉を鳴らしています。
うーん、やっぱり飼い猫?

7320088_2143902103_186large.jpg

はち切れんばかりのパツンパツンのお腹です。
真性ノラの場合、いったん部屋に放したら容易には捕まらないし、
生まれた仔猫は母猫の教えに忠実で、確実にノラっ子に成長するため、
(仔猫、目が開いたときからシャーシャーいうのですよ。)
可哀相ですが、「捕獲→獣医さんに直行」です。

7320088_43507980_116large.jpg

4年前に引き取った親子ニャンコ。 
1ヶ月半で親から離したのだけど、
ノラママの教えを受け、仔猫も立派なノラっ子気質に成長。(涙)



生ませない、増やさないは猫ボラ・犬ボラの鉄則だけど・・・
お腹から出しても生きられるだろう月齢になった子を堕胎するのは、
生まれてから淘汰するのと変わりないですし、
妊娠末期は子宮周りの血管が太くなり、
手術すると出血多量で、母体への負担も大きいのです。
そんな理由もあり、ママニャンには最後の出産・子育てを頑張ってもらいます。

7320088_2143902090_69large.jpg


ママニャンに似た可愛い子が産まれるといいな。
子育てが終わったら避妊して、後はゆっくり生きようね。
ママニャン、リリースしないでウチの子になる?
でも、お外の暮らしの方が快適だったりして。~(=^‥^A
  
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。