Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアルの意味

保護ワン、保護ニャンがもらわれていくとき、
「トライアル」というお試し期間を設定されることが多々あります。
ちばわんでも、約1ヶ月ほどのトライアル期間を設けていて、
その後にお互いの意思の確認後、正式譲渡となります。

多くの方が、そのトライアルについて、
ご自身もしくはご家族のためにあると思っていらっしゃると思いますが、
私は、トライアルってワンやニャンのためにあると思っています。

(ワタシ、猫に関しては個人保護です。)
私は先住猫がいないお宅には、トライアル無しの譲渡をお願いしています。
はじめて猫を飼う方にでも、です。
譲渡前には、その子がしでかすであろうことを全部お話します。
その上でOKとしてくれる方にだけ、譲渡します。

アレルギーとか、寂しくて鳴きっぱなしとか、
そういった理由で戻ってくるのは覚悟の上ですが、

「壁をガリガリするなら飼えない。」とか、
「キッチンに飛び乗ってくるので危なくて無理。」とか、
工夫次第でどうにでもなるような理由で飼えなくなるような人や、

「本当に飼えるか自信がない。」なんていう、
最初から気構えができていない人には、動物を飼うなんて無理です。
知らないお宅に行くということは、動物にとってストレスですから、
ちょっと一緒に暮らしてみてから決めたいなんてお断りです。
その子達の幸せを心から願っている仮親にとって、
決心が定まらない方に大切な命を託すことはできません。

先住猫さんがいる場合、相性を気にされる方は多く、
先住猫さんがストレスで具合が悪くなるようでは本末転倒なので、
無理のない期間をトライアルとし、
その様子如何で決定とさせていただいています。

ワンは、先住犬がいる場合は猫と同じく相性の様子見が必要ですし、
新しいお家でこれから先の犬生を幸せに暮らしていけるのか、
ワン自身がその環境や家族を観察し、判断するのがトライアル期間。
「ここなら合格!」と、ワンが思ってくれるような関係を
短いトライアル期間中に築いていただきたいものです。

保護ワンや保護ニャンの仮親さんは、
その子の良いところも悪いところも熟知しています。
その子の性格をしっかり把握し、それらが許せる範囲だと思えるなら、
トライアルを申し込んでください。

もし、トライアルがうまくいかなくても・・・
それは失敗ではなく、
より良い関係を築けるご家族との出会いを探す再スタート、
より良い関係を築けるワンニャンとの出会いを求める再スタートでもあります。

もし、迎える子が若ければ、10数年を一緒に暮らすことになります。
ワンニャンにとっても、動物を飼いたい人にとっても、


ONLY ONE !!!


・・・と巡りあっていただきたいと思います。



7320088_2118646760_104large.jpg

そういえば・・・
ウチってトライアル期間なんて無かったな~
脚を骨折してヒマだったので、古巣のボラ団体の譲渡会に遊びに行き、
何故か、もれなくポルコがついてきたって感じ。
2ヶ月間、帰宅すると1時間掃除していたのが今となっては懐かしい。~(=^‥^A
   
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

読んでいて「そうなんだよ~」とぶんぶん頷いてしまいました。

トライアルって言葉に、ちょっともやもやした気持ちを感じていたけれど、
なんだかちゃんと腑に落ちた気がします。

ホント、ちょっとのことで「無理!」って投げ出す人には
動物と暮らすこと自体がムリなんですよね。
そういう人は、そこをちゃんと自覚するってことが
動物の福祉に貢献することなんじゃないの?って
キビシイことを考えちゃいます^^;
  • posted by はなこ 
  • URL 
  • 2014.11/28 20:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

> はなこさん

こんばんは!
保護動物を迎えてくれるような方には、
トライアルって言葉が一般的になったようですが、
私もなんとなーく未だに馴染めないでいました。

今まで自分が家庭を持ってから飼った子というのが、
ブリーダーさんから譲ってもらった犬ばかりで、
それも、お金を取るブリーダーさんの方が、
「こっちの言う通りの飼い方をできないなら譲れない!」
という強気な方々ばかりだったから。
飼えないから返す、なんて選択があるんだってことすら
頭に浮かびませんでした。^^;

長くボラやってきたせいかもしれませんが、
ボロボロの保護犬や保護猫がどんなに辛かったかと思うと、
少しくらいの苦労なんて屁でもないというか、
「今日は触らせてくれた。」とか、
「今日は尻尾をふてくれた。」とか、
そんなことが本当に嬉しいんですよね。

「ちょっとのこと」が人によって大きく違うと思いますが、
今まで苦労したであろう犬猫を前に、
自分が楽しむ、癒されることを期待するより、
惜しみない愛情に応えてくれる喜びを知って欲しいな、なんて思います。

次回はセンターには行かれないのでしょうか?
ハリーに似たテリアさん、預かりたいのだけど、
またしても搬送が難儀しそうで、挙手するのを躊躇っています。^^;
  • posted by yuka 
  • URL 
  • 2014.11/29 00:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ママさん!!!テリアちゃん 連れて行きますよ~~!!
  • posted by 姫菜ママ 
  • URL 
  • 2014.12/06 15:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

> 姫菜ママさん

こんばんは!
ホントですか?!
来週にはジェフも卒業ですし、
早速これから副代表に連絡しておきます。^^
品川では、ハマダさんからも、
「お届けする人いなかったら行きます!」
なんてお声をかけていただき、本当に嬉しかったです。
年末・新年に向けて1匹でも多くの子を出してあげたいですね。
  • posted by yuka 
  • URL 
  • 2014.12/06 23:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。