Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮卒☆ユリネ

※この日記は、いぬ親さんのご了承をいただき書いています。


我が家での預かりワン滞在期間を更新したユリさん。(4ヶ月ですけど・・)
『かまってチャン』じゃなかったから、
お世話は楽させてもらっちゃったけど、
本当は甘えん坊で、人の傍らに居るのが大好きだったよね。


7320088_2088170678_57large.jpg


お散歩に出るようになって、どんどん積極性が出てきて。
しつこくされると、本気でポルに向かっていくたくましさ!
小柄だけど、同年代のフルークやジェフの姉御的存在で、
仲睦まじい様子は本当の姉弟のようでした。

7320088_2103547987_166large.jpg


そんなユリさん、日曜日に仮卒となりました。
篠崎のいぬ親会でいただいたアンケート、
嬉しくてたまらないお嬢さんのMちゃんが書いてくれたそうです。
「世話予定」という欄には、嬉々として自分に○をつけてくれたとか。
心配してくださったアンケート係の方、
アレはMちゃんの喜びいっぱいの気持ちの表れだったようですよ。(=^▽^=)


正直、いぬ親さん決定にあたり、
私の心に幾ばくかの迷いがありました。
たった1匹で、日中ずっと留守番という環境だったからです。
賑やかな我が家で暮らしていたユリさんが、
ポツーンと過ごす姿・・・・・・いや、ユリさん、案外せーせーするかも。~(=^‥^A


色々悩みましたが、お願いしようと思った一番の理由は、
犬や猫が大好きなのに飼ってもらえなかった姪っ子が、
家族全員で乳飲み子から育てた仔猫を家族に迎えたときに
見せた笑顔と、Mちゃんの笑顔がだぶったから。


脱走や誤食など、お子さんがいるお宅はリスクもあり、
「小さなお子さんがいないお宅」を譲渡対象とされる方もいらっしゃいますが、
(ワン自身、子供が苦手というのが一番の理由かも・・)
私はお子さんにこそ、動物と暮らして欲しいと思っています。
うまく説明できないので、有名なイギリスのことわざを引用します。


子供が生まれたら犬を飼いなさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供がおとなになった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。



ちばわんの子達は、その生い立ちもあって脱走が一番心配です。
ユリネはビビリなところがありますが、怖いと固まるタイプ。
希望者のEさん宅はマンションなので、一軒家よりも脱走の心配が少ないこと、
無駄吠えもなく、大騒ぎもしないユリネなら苦情の心配は無さそうですし、
小柄なので、EさんとMちゃんとも付き合いやすいと思いました。
近所なので、何かあっても直ぐに駆けつけることができます。
(もちろん、何かが無いように・・が一番大切なんですけど。)


そしてホンのちょっぴりの本音・・・
これ以上一緒に暮らしたら、
ユリさんとお別れするのがツラくなっちゃう。(。_。*)))


7320088_2085228824_95large.jpg



お届け当日はあいにくの雨。
雨足が強く、一緒にお散歩に出ることはかないませんでしたが、
用意してくださっていた首輪やハーネスをつけて、
ゆっくりと色々なお話をさせていただきました。


センターの話もしました。
助けられない多くの命があること、
今ここにユリネがいるのは、
多くの人の手助けがあったおかげであること、
だから、二度とユリネが悲しい思いをしないよう、
可愛がってあげてください・・
Mちゃんは目をウルウルさせながら、
私の目をじっと見て、うなずきながら話を聞いてくれました。


ユリネがずっと健康でいられたら、
Mちゃんがお嫁さんになる頃まで一緒に暮らすことになるでしょう。
Mちゃん、ユリネと出会った日の感動を忘れずに、
いつまでも仲良くしてやってくださいね。

Eさま、細やかなお心遣いをありがとうございました。
慣れない環境で暫くは色々と失敗もあると思いますが、
きっとMちゃんと素敵な関係を築ける子だと思います。
あたたかく見守ってやってください。
Eさまご家族とユリネの幸せをずっとお祈りしています。(*´∇`*)

downloa_yurine.jpg
   

 
スポンサーサイト

Comment

 

あら♪ ユリさん、トライアルスタートですか!
おめでとうございます。
私も子供の頃から犬と暮らしていました。
それがシェパさんだったので、ビビった事もありましたが。笑
すごくたくさんの事を教えてくれたのも彼女でしたし、影響も受けました。
逝ってしまった時は、本当に苦しかったけど、彼女のおかげで今の私がいます。
Mちゃんにとって、きっと良きパートナーになってくれるはず。頑張れ、ユリさん&Mちゃん!
  • posted by リトル 
  • URL 
  • 2014.10/06 22:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

> リトルさん

一度でも犬や猫と暮らしたことがある人なら、
あのフワフワしたぬくもりを忘れることはできないと思います。
言葉はなくても分かり合える何か・・・絆を感じましたよね。^^

今はお子さんを抱えて働く過程が増えたので、
飼ってあげたくても難しいという現実もあるかと思います。
「留守番時間が短いご家庭」と条件をつけるボラさんも多いですし、
(寂しい思いをしてきた子達なので、その気持ちはよくわかります。)
譲渡する方もされる方も色々大変かと。

猫ボラやっていたとき、(今もやってますけど。^^;)
シングルの男性がお見合に来て、言った言葉が、
「今日、○○さんからOKいただけなかったら、
帰りにペットショップで猫を買って帰るつもりでした。」
聞けば、今まで9件の問い合わせを全て断られ、
9件目のときに、「独身男性に譲渡してくれる人なんかいません。
留守番は10時間くらいになるし、彼女ができて
その人が猫嫌いだったら簡単に捨てられちゃうだろうし、
何より虐待が心配。」と言われてショックだったそうです。

確かにワンに10時間はきついけど、
成猫なら・・・ウチだってそのくらいの留守番になるときありますし、
独身男性ってお金に糸目をつけず・・ってな方が多いのも事実。
もらう方も敷居が高くて大変・・・って思っちゃいました。(苦笑)

話はそれましたが、ユリさんとフルークが同時にいなくなり、
急に静かになった、ということはないけれど、
(もともと2匹はハイパーな子ではなかったので。)
散歩が一度で済むようになり、今日は楽させてもらいました。^^
  • posted by yuka 
  • URL 
  • 2014.10/07 23:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。