Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りご飯のメリット・デメリット

あくまでワタシの意見です。
知っていてもやらないのと、
知らずにやらないのとは大きな違いがあると思いますので参考までに。


犬は味覚が発達していないと言われていますが、
やっぱり手作りのご飯は食べっぷりが違います。
作っているこちらも嬉しくなります。
そんな手作りご飯について考えてみました。

【メリット】
・添加物の心配が少ない(皮膚状態がよくなることも多い)
・食材が特定できるのでアレルゲンを特定・除去しやすい
・水分が補給でき、水の一気飲みもなくなる
※身内のHPの実例をあげて手作りご飯のメリット↓
http://www.ne.jp/asahi/nanahime/papa-mama/new-hp/menu-down.htm

【デメリット】
・栄養バランスが心配
・緊急時、ペットホテルや一時避難場所での食材調達に困る
・ドライフードに比べて歯垢がつきやすいこともある
・人間の食べているものも欲しがるようになる
・知らずに食べさせてはいけない食材を与えてしまうリスクがある


我が家は基本ドライ(ロイヤルカナン、症状に応じた療法食)中心で、
そこに茹でたお肉かデビフなどの缶詰をトッピングして与えています。
センターから来た子は大抵がお痩せで下痢をしていることが多いので、
サプリメントとミルクで栄養バランスを整えます。

個人的には健康なわんちゃんはドライフード中心でよいのではないかと思います。
ドライフードの中でも食材をはっきり明記したナチュラルフードがありますし、
知識が豊富で上手に手作り食を与えている方もいらっしゃいますが、
時間的にも費用の面でも、一般的にはなかなか難しいのではないかとも思います。
(朝のホンのちょっとの時間が惜しいワタシの言い訳?汗)

腐らないドライフードは、保存料いっぱいで不安という声もありますが、
保存料や添加物を使用していないドライフルーツやジャーキー、
フリーズドライを作れる技術が発達している今、
動物用のドライフードも、良質なモノが多くなりました。
少なくとも、人間がカップヌードルを食べるよりマシかも。

震災を経験し、非常時のことを考えてみても、
預かっている子がいぬ親さん宅に行ったときも、
手作りごはんしか食べられないと面倒、と思うことも
ドライ中心にしている大きな理由です。

ドライフードしか与えていないワンは、
人間の食べ物を欲しいとも思わないようで
人間の食事の際に騒ぎませんし、拾い食いの心配も少ないんじゃないかしら。
色々な味を知らないほうが心穏やかに暮らせるのかも。(笑)


震災の話が出たついでに・・・
我が家のワンは留守番のときと眠るとき、サークルかケージに入ります。
昨年、シェパードを連れて北海道に行ったのですが、
普段は暴君の異名をとるポルコさん、ケージ生活が身についていますので
フェリーのドッグルームでは全く騒がず、
むしろ「やっと落ち着ける~」と、そそくさとケージにイン。
おトイレもシーツで、、男の子だけど足上げしないので飛散の心配もなし!
普段、室内フリーにされているのだろう小型犬はぎゃん吠えで凄まじかったです。
震災などのとき、こういうしつけができていると楽だな、と実感した出来事でした。
   
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。