Category [アニー ] 記事一覧

スポンサーサイト

仮卒✩アニー

サンディに続いて、アニーも旅立って行きました。渋谷区といえば、109!!としか思い浮かばない田舎者の仮母、閑静な住宅地にびっくりでした。~(=^‥^A アニーは我が家に来たときから人懐っこく、超✩優等生でした。だんだん自我が出てきて、ポル相手にガウガウやったり、「犬らしい姿」を見せてくれることが嬉しかったっけ・・・。表情が豊かな子で、お散歩途中で他のワンを見つけると、挨拶したくて突進!ちょっと強く叱ると、...

ちょっとご無沙汰でした。

こんなとこでマッタリしたり、こんなとこ観てきたりしていました。(*'-'*)日程の関係で、今回ポルコはお留守番。シルバーウィークには一緒に連れて行くからね。アニー、抜糸が済みました。あんなにパックリ開いていた傷が、すっかりきれいになっています。あと数日でカラーともお別れです。(笑)身体に割に足が小さいので、乗られると痛いですサンディの足裏面積の1/3  ( ̄w ̄)    ...

三度、夜間診療へ

残業をそこそこで切り上げ、今日こそは午前様にならないうちに寝るぞーーーっ玄関を開けたとたん・・・・・ ( ̄△ ̄) まだ履いていないリーガルのパンプスがすっ転がり、めちゃくちゃな有様怒る気力も失せ果て、ポルコは強制的にハウス(晩ご飯抜きの刑)やっと片付けて二階にあがったら、薄ピンク色に染まった布切れが散乱・・・・・・・またやったな。 (-゛-メ)娘の夫君に連絡し、車をすっ飛ばして病院へ。昨日と今日の緊急対応、...

健康診断

人間と同じように、動物の健康面も個体差があり、我が家でも、15歳を過ぎても病気ひとつしない子もいれば、まだ若いのに、ステロイドやコンベニア(抗生剤)の常習者もいます。訳ありで出せなかった子が多いニャンズ、歯肉炎・口内炎が悪化して抜歯したり、(難治性口内炎の子は、抜歯後の経過は五分五分といったところ)いつも鼻がグスグスしていたり、(小さい頃にひどい風邪をひき、鼻器官炎になってしまったらしい)悲しかな、俗...

アニーの抜糸とサンディの投薬開始と・・

アニーの抜糸etc.のため、とがさき動物病院へ。最初から車酔いはしなかったけど、ソワソワしちゃって落ち着いていられなかった2匹、最近ではリードを引くだけで助手席に飛び乗り、(ウチの車、直乗りですの。^^;)こんなにリラックスできるようになりました。(*´∇`*)術後の経過は良好、でも成虫が1匹見つかったとのことで、フィラリア薬の通年投与に加え、ボルバキア治療を行っていくことになりました。こう書くと何かこうすご...

ご案内

最新記事

リンク



あなたとの出会いを待っている子達がきっと何処かにいます。


保護犬猫の「いぬ親さん」「ねこ親さん」を探しています。


我が家のシェパードを保護してくれていた横浜の保護団体です。

閲覧数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

プロフィール

yuka

Author:yuka
尻尾が生えた子供達、
首を長~くして
パパ・ママのお迎えを待っています♪

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。